HARAYA Web

「マレー・N・ロスバードの
アナルコ・キャピタリズム」
参考文献表

邦語文献

[1] デイヴィッド・アスキュー「現代における自由主義とは−若干の概念的整理」、『創文』352号、1994年。

[2] デイヴィッド・アスキュー「治安・司法の市場化−無政府資本主義について」、『法哲学年報』有斐閣、1994年。

[3] デイヴィッド・アスキュー「リバタリアニズム研究序説−1−最小国家論と無政府資本主義の論争をめぐって」、『法学論叢』第135巻第6号、1994年。

[4] デイヴィッド・アスキュー「リバタリアニズム研究序説−2−最小国家論と無政府資本主義の論争をめぐって」、『法学論叢』第137巻第2号、1995年。

[5] デイヴィッド・アスキュー「『治安維持の市場化』の可能性」、『情況』、8月号、1997年。

[6] デイヴィッド・アスキュー「私生活自由放任主義−『擁護できないものを擁護する』を手がかりに−」、『政治経済史学』第373号、1997年。

[7] デイヴィッド・アスキュー「倫理的リバタリアニズム」、有賀誠・伊藤恭彦・松井暁編『ポスト・リベラリズム 社会的規範理論への招待』ナカニシヤ出版、2000年所収。

[8] 越後和典「独占の概念−新オーストリア学派の立場−」、『彦根論叢』第227号、1984年。

[9] 越後和典「M・N・ロスバードの国家論−主流派経済学に対する一批判」、『彦根論叢』第228・229号、1984年。

[10]橋本努『自由の論法 −ポパー・ミーゼス・ハイエク−』創文社、1994年。

[11] 森村進「リバタリアニズムの理論的基礎」、『情況』、8月号、1997年。

[12] 尾近裕幸「マレー・N・ロスバード 生涯と知的遺産」、『国学院経済学』第47巻第1号、1999年。

[13] 尾近裕幸「経済的リバタリアニズム」、有賀誠・伊藤恭彦・松井暁編『ポスト・リベラリズム 社会的規範理論への招待』ナカニシヤ出版、2000年所収。

[14] 副島隆彦『現代アメリカ政治思想の大研究』筑摩書房、1995年。

[15] 田中成明「リバタリアニズムの正義論の魅力と限界―ハイエク、ノージック、ブキャナン−」、『法学論叢』第138巻第4号、1996年。

欧文文献

[16] NormanP. Barry, On Classical Liberalism and Libertarianism, The Macmillan Press,Hampshire, 1986. 足立幸男監訳『自由の正当性−古典的自由主義とリバタリアニズム−』木鐸社、1990年。

[17] David Boaz,Libertarianism‐A Primer, The Free Press, New York,1997. 副島隆彦訳『リバータリアニズム入門 現代アメリカの<民衆の保守思想>』洋泉社、1998年

[18] David Friedman, The Machinery of Freedom, Arlington House Publishers, New York, 1973.

[19] David Friedman, Hidden Order: The Economics of EverydayLife, Harper Business, New York, 1996. 上原一男訳『日常生活を経済学する』日本経済新聞社、1999年。

[20] MiltonFriedman, Capitalism and Freedom: Problems and Prospects, University Pressof Virginia, Charlottesville, 1962. 熊谷尚夫・西山千明・白井孝昌共訳『資本主義と自由』マグロウヒル好学社、1975年。

[21] Friedrich A. von Hayek, Individualism and Economic Order, Routledge&Kegan Paul, London, 1949. 嘉冶元郎・嘉冶佐代訳『個人主義と経済秩序』春秋社、1990年。

[22] Friedrich A.von Hayek, The Constitution of Liberty, Routledge& Kegan Paul, London,1960. 気賀健三・古賀勝次郎訳『自由の条件T 自由の価値』『自由の条件U 自由と法』春秋社、1987年。

[23] Friedrich A. vonHayek, Law, Legislation and Liberty, 3 vols, Routledge& Kegan Paul, London, 1982. 篠塚慎悟訳『法と立法と自由U 社会主義の幻想』春秋社、1987年。

[24] Pierre Lemieux, Du liberalisme a lanarcho-capitalisme, Presses Universitaires de France, 1983. 渡部茂訳『無政府国家への道』春秋社、1990年。

[25] John Locke, Two Treatises of Government, edited by Peter Laslett, 2nded, Cambridge University Press, Cambridge, 1968. 鵜飼信成訳『市民政府論』岩波文庫、1966年。

[26] Ludvigvon Mises, Human Action, Yale University Press, New Haven, 1949. 村田稔雄訳『ヒューマン・アクション』春秋社、1991年。

[27] Robert Nozick, Anarchy, State, and Utopia, Basic Books, New York, 1974.嶋津格訳『アナーキー・国家・ユートピア −国家の正当性とその限界』木鐸社、1985年。

[28] Z.A.Pelczynski and John Gray(eds.),Conceptions of Liberty in Political Philosophy, The Athlone Press, London,1984. 飯島昇蔵・千葉眞訳『自由論の系譜 政治哲学における自由の概念』行人社、1987年。

[29] Murray N. Rothbard, What Has Government Done to Our Money?, The Ludwig von Mises Institute, Auburn,1990.

[30] Murray N. Rothbard, Man, Economy, and State A treatise on economic principles, The Ludwig von Mises Institute, Auburn, 1993. 吉田靖彦訳『人間、経済及び国家 オーストリア学派自由市場経済学原理―上巻―』青山社、2000年。

[31] Murray N. Rothbard, The Case Against the Fed, The Ludwig von Mises Institute, Auburn, 1994.

[32] Murray N. Rothbard, For a New Liberty The LibertarianManifesto, Fox&Wilkes, San Francisco, 1996.

[33] Murray N. Rothbard, The Ethics of Liberty, New York University Press, New York, 1996.

[34] MurrayN. Rothbard, Logic of Action One: Method, Money & the Austrian school, Edward Elgar, Hants, 1997.

[35] Alexander H. Shand, Free Market Morality:The political economy of the Austrian school, Routledge, London and New York,1990. 中村秀一・池上修訳『自由市場の道徳性』勁草書房、1994年。

[36] Adam Smith, An Inquiry into the Natureand Causes of the Wealth of Nations, Liberty Classics, Indianapolis, 1981.[1776] 大内兵衛・松川七郎訳『諸国民の富T』、『諸国民の富U』岩波書店、1969年。

[37] Guy Sorman, LES VRAIS PENSEURSDU XXeme SIECLD, 1989. 秋山康男訳『二十世紀を動かした思想家たち』新潮社、1990年。

[38] Karen I. Vaughn, Austrian Economics in America: The Migration of a Tradition, Cambridge UniversityPress, Cambridge, 1994. 渡部茂・中島正人訳『オーストリア経済学 アメリカにおけるその発展』学文社、2000年。

[39] JonathanWolff, Robert Nozick Property, Justice and Minimal State, Polity Press, Cambridge,1991. 森村進・森村たまき訳『ノージック 所有・正義・最小国家』勁草書房、1994年。