HARAYA WEB

問題解決の発想と表現(2008)

授業の概要

この科目のねらいは、大学生活を送るために必要とされる一連の基礎的スキルを身に付けることにある。 論理的思考や批判的検討の技術に加えて、それらを表現し他者に伝達する技術などを習得することを目指していく。


授業スケジュール

4/16 第01回:ガイダンス

4/23 第02回:他己紹介

4/30 第03回:ノートを取る技術

5/14 第04回:いろいろな文体の違いを理解する

5/21 第05回:文章の流れをつかみ要約する

5/28 第06回:レジュメを作る

6/04 第07回:上手に意見を述べる(1)

6/11 第08回:上手に意見を述べる(2)

6/18 第09回:口頭発表のスキル(1)

7/02 第10回:口頭発表のスキル(2)


教科書

『表現の技法』神奈川工科大学教育開発センター

・授業内で配布します。


成績評価について

・成績評価の基準

出席状況、授業態度、授業内に提出する課題、発表の評価、レポート等で総合的に評価する。なお、4回以上欠席した者には単位は与えられない。

課題レポート(任意)の提出締切は7月16日。




授業情報のトップに戻る