HARAYA WEB

コミュニケーション論(2006)

授業の概要

この授業では、人間の相互行為としてのコミュニケーションの性質を学習し、社会生活における様々なメディアの影響や役割をふまえて、高度情報化社会におけるコミュニケーションに対する理解を深めることを目的とします。とりわけ実生活のなかで求められる様々な社会的コミュニケーションスキルの養成と獲得を目指していきます。


授業スケジュール

第01回 イントロダクション:コミュニケーションと相互理解

第02回 言語コミュニケーション(1):言語の機能について

第03回 言語コミュニケーション(2):日本語の特徴と使い方

第04回 非言語コミュニケーション(1):目の働き

第05回 非言語コミュニケーション(2):空間とファッションの機能

第06回 マス・コミュニケーションの基本的特徴

第07回 活字媒体によるコミュニケーション:新聞とジャーナリズム

第08回 映像媒体によるコミュニケーション(1):テレビとコマーシャル

第09回 映像媒体によるコミュニケーション(2):映画

第10回 音楽とコミュニケーション

第11回 現代社会のコミュニケーション問題

第12回 インターネットにおけるコミュニケーション

第13回 ビジネス・コミュニケーション(1):敬語表現、書類や手紙の書き方

第14回 ビジネス・コミュニケーション(2):報告と説得のテクニック

第15回 まとめ


成績評価について

・成績評価の基準

出席30点、授業中の課題や小レポート30点、テスト40点の合計で評価します。

60点以上でC、70点以上でB、80点以上でAになります。


・ テストの結果

テストの平均点は25点(40点満点)でした。


・成績の分布

成績評価の分布は以下のようになりました。

S: 4.3%

A:17.3%

B:33.6%

C:22.4%

D:22.4%



授業情報のトップに戻る